JALカード

みなさん

こんにちは

りん子先生は

埼玉県川口市に住んでいるので

いろいろな琉球民謡協会の行事

あるいは私用で沖縄に帰ることが多々あります

まぁ当たり前かもしれませんがねぇ

もともと
JALを多用していて
ブルーのマイレージカードは持っていたのですが
このたび
わたしのオススメでJALカードを作りました




わたしは
JALカードで年に1〜2回の
沖縄渡航マイルをためております
がっちりです

りん子先生もJALカードを作ったことによって

年1往復くらいのマイルは貯めたいと思います

とりあえずショッピングマイル・プレミアムに加入して

ショッピングでマイル2倍でがんばります

ちょっと
JALの広告みたいですね

JALの方
見ていたら
琉球民謡ショーのお仕事くださいね



余談ですが
JALの会長は稲森和夫さんです
稲森会長はたくさんの哲学(フィロソフィー)をお持ちです
そのなかでも
わたしの最近好きなフィロソフィーは


”小善は、大悪に似たり、大善は非情に似たり”

 
意味はですね〜

子供を甘やかして ちやほや育てる。
これは一見やさしい親であるように見える(=小善)が、
甘やかされて育った子供は将来大人になったときに苦労することになる(=大悪)。

子供の将来を本当に考えるのであれば、きちんと躾けをし、
時には厳しく接すること(=非情)が、長い目で見て本人のためになる(=大善)。

です

りん子先生も
門下生に対して
「あ〜それぐらいなら上等上等」(小善) 
なんて ないな〜

「違う!違う!」とビシビシとしています
これが長い目で見て本人のためになるのですね(大善)

わたしには
この「違う!」がまだまだわからないことがありますが、
わかるようにお稽古がんばります


コメント
kazuyaさん

あは〜〜〜そこへ繋がったんですねえ・・

ワタシの師匠も、優しいですが・・・あの優しい
笑顔で・・ビシッとくらわしますからネ!

ワタシって一生懸命なようで・・案外と気をぬいているのを見破られますから・・がんばりましょうネ!
  • MAGI
  • 2011/08/16 8:26 AM
MAGIさん
こんばんは〜

稲盛会長の哲学(フィロソフィー)は
大変勉強になります。

そのフィロソフィーを実行するのは
大変むつかしんですけど
実現できるように
努力しております。

今は下記のフィロソフィーを心がけております。


「渦の中心になれ」

自分一人では大した仕事はできません。上司、部下、同僚等、周囲にいる人たちと協力して進めていくのが仕事です。

ただし、自分から積極的に仕事を求めて、周囲の人たちが自然と協力してくれるような状態にしていかなければなりません。これが、“渦の中心で仕事をする”ということです。

下手をすると、他の人が渦の中心にいて、自分はそのまわりを回るだけ、つまり協力させられるだけに終わる場合があります。

会社の中には、“鳴門の渦潮”のように、あちらこちらに仕事の渦が巻いています。その周囲に漫然と漂っていると、たちまちに渦に巻き込まれてしまいます。

自分が渦の中心にいて、周囲を巻き込んでいくような仕事の取り組み方をしなければ、仕事の喜びも、醍醐味も知ることはできないでしょう。
自ら渦を巻き起こせるような、主体的で積極的な人材であるかどうか、これによって仕事の成果は言うに及ばず、人生の成果も左右されると私は思います。
(『心を高める、経営を伸ばす』より)


と言うものです
会社で渦の中心になれるように
がんばります。




コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

コメント

リンク

プロフィール

サイト内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM